Skip to end of metadata
Go to start of metadata


この章ではGroovyの GroovyObject インタフェースを実装したり、 ExpandoMetaClass を使ったり、メソッドやプロパティやコンストラクタを追加できる拡張可能なメタクラスなどのような動的機能をどうやって使うのかを詳述します。


コンパイル時のメタプログラミングはJapanese Compile-time Metaprogramming - AST Transformationsを利用しても可能です。

動的メソッド実行


実行時されるまでメソッド名が分からなくてもメソッドを実行することができます。


リストの引数を与えられた場合、メソッド呼び出し時に引数も展開することもできます。


GStringと連携して実行することもできます。

  • No labels