Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Yaml は、人間の可読性とスクリプト言語からの利用を考慮して設計された、シンプルでわかりやすく機械解析も可能なデータシリアライゼーションフォーマットです。その人気の理由の一つは、XML記法では冗長かつ面倒すぎる場合があるためです。GroovyのXML関連機能は、XML記述の冗長性を軽減し(例:ビルダ記法によるXML生成)、また扱いにくさも改善(例:優れたXML処理機能)しています。それでも、XMLよりYamlの使用が適している、または必要な場合もあるかもしれません。ここでは、Groovyでの JYaml ライブラリの利用法について、いくつかの例を示します。

まずは、シンプルなリストの読み込み:

マップの読み込み:

クラスへの読み込み:

リストの書き出し:

これは以下を出力します:

 
--- 
- "a, b" 
- 123456 
  • No labels