Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

一応、勝手に簡単なルールを決めています。

  1. なるべくリンク元より新規作成をする。
    • Japanese Documentation以下にページを作成して、それ以下は原文のドキュメントツリーに準拠。
      Japanese Documentationから、翻訳対象ページの大分類名横の[more]から子ページへ入り。
      対象の子ページを ページ名称ルール に従ってページ追加してください。

  2. Confluenceのバージョンアップに伴い、管理更新方法を考え直さないといけなくなっています。
    何か案のある方は、ご提案ください! 

  3. ページ名称ルール
    ページ名称は、 Japanese 半角空け 元ページ名
    [Japanese {原文と同じ名称}] Ex. [Japanese Guide]
  4. 英文上、訳文下で作業して英文は、以下のタグで囲んで残す。
    {excerpt:hidden=true} Groovy is ... {excerpt}
    上記のタグを使用すると、囲んだ内部は非表示になります。
  5. 日本語訳部分のリンクは、リンク対象ページ訳が終わっていなくても、原文のリンクはそのままにする。
    [Japanese {原文と同じリンク}] Ex. [Japanese Guide]
  6. 翻訳内容に翻訳者が納得出来るまでは、英文表示を残す。
  7. 翻訳開始する際は、翻訳開始対象ページを、リンク元より新規作成して、原文のWiki内容をペーストし、一度保存することによって翻訳者の開始宣言とする。
    • 原文各ページの Info > View Source より、Wikiソース内容が閲覧できるので、なるべくここからコピーしましょう。
  8. 他の人が翻訳をしたページを編集する際は、なるべくコメントをつける。
  9. 原文ドキュメントを壊さないように気をつけましょう

...