Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Translated the block "Dealing with Strings" into Japanese as "文字列処理"

...

Excerpt
hiddentrue
The next line that starts "myFile =" creates a new File object. An object is simply a collection of related methods and data. For example, a file object might have data describing its location, in this case "C:\temp\myfile.txt", and maybe a method to delete the file if it exists. In this case the only method we are going to use is the eachLine method, which we call in the last line of code. The line before that is a simple closure definition, that you have seen several times by this point.

次の"myFile ="で始まる行は、新しいFileオブジェクトを作成します。オブジェクトというのは関連性を持つメソッドとデータの集合です。たとえば、ファイルオブジェクトは場所を示すデータ(この例でいうとで始まる行は、新しいFileオブジェクトを作成します。オブジェクトというのは関連性を持つメソッドとデータの集合です。たとえば、ファイルオブジェクトは場所を示すデータ(この例でいうと"C:\temp\myfile.txt")を持っていて、存在しているファイルを削除するためメソッドも持っているかもしれません。この例で使用するメソッドは、最後の行で呼び出したeachLineメソッドだけです。その前の行はクロージャの定義で、ここまで来て何回も見たはずです。)を持っていて、存在しているファイルを削除するためメソッドも持っているかもしれません。この例で使用するメソッドは、最後の行で呼び出したeachLineメソッドだけです。その前の行はクロージャの定義で、ここまで来て何回も見たはずです。

Excerpt
hiddentrue
Dealing with strings

文字列処理

Excerpt
hiddentrue
Strings in Groovy have all the same functionality of Java strings. That is, a Groovy string is just a Java string with a few extra things added to it. Because of that, we can refer to the Java documentation for the String class to find out some of the interesting things we can do with it. For example, look in the section entitled '''Method Summary''' at the description for the '''split''' method. This method does something very useful, which is to split a string based on a regular expression. We will talk more about regular expressions later, but for now the only thing you have to know is that the simplest regular expression is a single character. So let's say that we want to split up the components of the date "2005-07-04", so that we can add one to the year to get the date of next fourth of July. We might:

Groovyの文字列はJavaの文字列のすべての機能を備えています。実際、Groovyの文字列はJavaの文字列に少しおまけをつけただけの物です。なので、JavaのStringクラスのドキュメントを参考にして、どんなことできるかを調べることもできます。例として、"Method Summary"の章節の"spit"メソッドを見てみましょう。このメソッドは結構有用で、正規表現を元に文字列を分割することができます。正規表現については後の文書でお話するけど、最も簡単な正規表現は一つの文字(キャラクタ)だということを、先に覚えるべきです。たとえば"2005-07-04"という日付の次の7月4日を取得したい場合、この日付の構成を分割して年に1を足せばよいのです:

Code Block
stringDate = "2005-07-04"
dateArray = stringDate.split("-")
year = dateArray[0].toInteger()
year = year + 1
newDate = year + "-" + dateArray[1] + "-" + dateArray[2]
Excerpt
hiddentrue
This code brings together a bunch of things we have talked about before. There are two new things, first is the use of the split method on a String. Second is the call of toInteger() on a String. This call to toInteger simply tells Groovy that you want to treat that data as a number rather than a String. See what happens if you run the same code without ".toInteger()" at the end of the third line.

このコードは前説明したいくつかの内容をまとめました。新しいことは二点だけで、うちの一つはStringのsplitメソッドの使用です。そしてもう一つはStringを元にしたtoInteger()の呼出です。このtoIntegerの呼出は、データをStringではなく数字として扱いたいという意図をGroovyに知らせるためです。三行目最後の".toInteger()"なしで実行してみて、何が起きるかを観察して下さい。

Excerpt
hiddentrue
Another thing you might notice is that toInteger is not listed in the Java documentation for string. That is because it is one of the extra features that Groovy has added to Strings. You can also take a look at the documentation for the Groovy extensions to Java objects.

あともう一つのことも気づいているかもしれませんが、toIntegerはJavaのドキュメントに含まれていません。これはtoIntegerがGroovyでStringに追加された物の一つだからです。Javaオブジェクトに対するGroovy拡張に関するドキュメントも読んでみるといいでしょう。