Skip to end of metadata
Go to start of metadata

You are viewing an old version of this page. View the current version.

Compare with Current View Page History

« Previous Version 13 Next »

Groovyとは ...

  • Java仮想マシン(JVM) 向けの アジャイルダイナミック言語 です。

  • Javaの長所の上に構築されていますが、Python、Ruby、そしてSmalltalkのような言語に触発された 強力な追加機能 を持っています。

  • ほとんどゼロの学習曲線現代的なプログラミング機能 をJava開発者が利用できるようになります。

  • ドメイン固有言語(DSL) をサポートし、その他の構文のコンパクトなので、コードは 読みやすくメンテナンスしやすい ものとなります。

  • 強力なプリミティブ処理 とオブジェクト指向(OO)能力、そしてAnt DSLによって、シェルやビルドスクリプトを書くことを簡単にしてくれます。

  • スカッフォルド(足場)コードを編集し減らしてゆく ことによりWEB、GUI、データベース、コンソールアプリケーション開発で生産的な追加的開発が行えます。

  • ユニットテストとすぐに使えるモックを備えているので、 テストが単純化 されます。

  • シームレスに 既存のJavaクラスとライブラリと統合 できます。

  • 直接Javaバイトコードに変換されるため、Javaを利用する場面ならどこでも利用可能です。

Groovy 2.1を体験してみましょう!

JVM言語として人気の Groovy から、最新のメジャー安定バージョン Groovy 2.1 がリリースされました。新機能をしっかり学ぶなら、 リリースノートを読んで 確かめてみて下さい。簡単に説明すると…

  • JDK 7 の "invoke dynamic" 命令と性能向上のためのAPIの完全なサポート
  • 従来の静的型チェック機能にとどまらない、DSLの記述や型安全性を支援するアノテーションや、静的型チェック拡張の追加

  • コンパイルをカスタマイズするオプションを追加
  • エレガントにアノテーションを結合するためのメタアノテーション機構を装備
  • その他、さまざまな機能強化や細やかな改良の提供


"GroovyはJavaをもっとすごくしたようなものです。Javaのエンタープライズ機能を活用できるだけではなく、クロージャ、ビルダー、そして動的型付けのような生産的で洗練された機能も持ち合わせています。もしあなたが開発者やテスター、スクリプトの達人とかなら、Groovyは愛して止まない存在になることでしょう。"

 

サンプル


簡単な"ハローワールド"スクリプト


オブジェクト指向な、より洗練されたバージョン


既存のJavaライブラリを活用


コマンドラインで

日本語翻訳について

ドキュメント [全表示]


スタートアップガイド
インストール方法やGroovyを使い始めるための入門チュートリアル。


ユーザーガイド
Groovyの言語機能、ライブラリ、およびプログラミングのガイドラインなどの使用に関する情報を提供します。


クックブックサンプル
Groovyを利用した大規模な例を、APIやモジュールの機能ではなく、アプリケーションやタスクに焦点を当てて解説します。


開発者ガイド
主にGroovyのモジュールやツールの開発者に興味のある情報が含まれています。


テスティングガイド
開発者が書くテスト、システムテスト、受け入れテストに関連する情報が含まれています。


高度な利用法ガイド
Groovy使いの達人になろうと努力し始めたときに心配する必要がないようなトピックをカバーします。

モジュール [全表示]

The following modules are currently available:

  • Japanese GantGant has moved: it has become a project in its own right and has its own space -- http://gant.codehaus.org http://gant.codehaus.org.


グルービーなコードを楽しもう!!!

最新ニュース


活気あるコミュニティーで最新の更新情報を確認したいなら、詳細を知ることができます。

  • メーリングリストの最新投稿
  • SVNトランクへの最新コミット
  • Groovyを取り巻くブログなどの情報


    以下は最新のお知らせです。

    The Groovy development team is happy to announce the joint releases of the Groovy 2.4.1 and Groovy 2.3.10 of the Groovy programming language for the Java platform.

    Both releases are bug fix releases, and while Groovy 2.4.1 is the latest official stable branch, we thought it might be helpful to some projects who are still on the 2.3.x line to get a final release for that branch. But going forward, the 2.3.x branch won’t see any upcoming release.

    You can learn more about all the tickets closed by reading:

    For reference, you can also read the release notes of Groovy 2.4 if you haven't had a chance to since the announcement.

    Head over to the download section of the new Groovy website to download the binary distribution, or update your dependencies accordingly with those new version numbers.

    Thanks a lot for all those who contributed to this release!


    Groovy 2.4 released

    The Groovy team is happy to announce the release of Groovy 2.4.0!

    The big highlight of this release is the Android support, which allows developers to write Android applications fully using Groovy, with much less boilerplate code than raw Java.
    The team also focused on various improvements in terms of performance, smaller bytecode generation, or memory consumption.
    Other interesting aspects worth noticing in this release are:
    • traits can use the @SelfType annotation with static type checking enabled to restrict to what classes traits can be applied
    • GDK methods improvements
    • some refinements to existing AST transformations
    • further Groovysh improvements as well.
    Please have a look at the full release notes for Groovy 2.4 to know more about the new features and all the interesting tickets closed.
    You can have a look at the 2.4 changelog on the new Groovy website too.
    And then, just go grab this release while it's hot!
    Thanks a lot to all those who contributed to this release, whether through bug reports, but also with documentation or code contributions through pull requests. All your help is warmly welcome!
    Your support of Groovy and its ecosystem is what makes Groovy so strong, and what will allow it to continue making us all more productive for the next decade!
    Keep on groovy'ing!

  • No labels