Groovy...

Groovyとは ...

  • is an agile and dynamic language for the Java Virtual Machine

Experience Groovy 2.1

Groovy 2.1を体験してみましょう!

Groovy 2.1 is the latest major and stable version of the popular alternative language for the JVM.

To learn more about the novelties, make sure to read the detailed release notes. In a nutshell, Groovy 2.1

  • offers full support for the JDK 7 “invoke dynamic” bytecode instruction and API for improved performance,
  • goes beyond conventional static type checking capabilities with a special annotation to assist with documentation and type safety of Domain-Specific Languages and adds static type checker extensions,
  • provides additional compilation customization options,
  • features a meta-annotation facility for combining annotations elegantly,
  • and provides various other enhancements and minor improvements.

JVM言語として人気の Groovy から、最新のメジャー安定バージョン Groovy 2.1 がリリースされました。新機能をしっかり学ぶなら、 リリースノートを読んで 確かめてみて下さい。簡単に説明すると…

  • JDK 7 の "invoke dynamic" 命令と性能向上のためのAPIの完全なサポート
  • 従来の静的型チェック機能にとどまらない、DSLの記述や型安全性を支援するアノテーションや、静的型チェック拡張の追加

  • コンパイルをカスタマイズするためのオプションの追加
  • エレガントにアノテーションを結合するためのメタアノテーション機構の装備
  • その他、さまざまな機能強化や細やかな改良の提供

"Groovy is like a super version of Java. It can leverage Java's enterprise capabilities but also has cool productivity features like closures, builders and dynamic typing. If you are a developer, tester or script guru, you have to love Groovy."


"GroovyはJavaをもっとすごくしたようなものです。Javaのエンタープライズ機能を活用できるだけではなく、クロージャ、ビルダー、そして動的型付けのような生産的で洗練された機能も持ち合わせています。もしあなたが開発者やテスター、スクリプトの達人とかなら、Groovyは愛して止まない存在になることでしょう。"

 

Samples

サンプル

A simple hello world script:


簡単な"ハローワールド"スクリプト

def name='World'; println "Hello $name!"

A more sophisticated version using Object Orientation:


オブジェクト指向な、より洗練されたバージョン

class Greet {
  def name
  Greet(who) { name = who[0].toUpperCase() +
                      who[1..-1] }
  def salute() { println "Hello $name!" }
}

g = new Greet('world') // オブジェクトを作成
g.salute()             // "Hello World!" を出力

Leveraging existing Java libraries:


既存のJavaライブラリを活用

import static org.apache.commons.lang.WordUtils.*

class Greeter extends Greet {
  Greeter(who) { name = capitalize(who) }
}

new Greeter('world').salute()

On the command line:


コマンドラインで

groovy -e "println 'Hello ' + args[0]" World

日本語翻訳について

Documentation [more]

ドキュメント [全表示]

Getting Started Guide
How to install and begin using Groovy as well as introductory tutorials.


スタートアップガイド
インストール方法やGroovyを使い始めるための入門チュートリアル。

User Guide
Provides information about using the Groovy language including language facilities, libraries and programming guidelines.


ユーザーガイド
Groovyの言語機能、ライブラリ、およびプログラミングのガイドラインなどの使用に関する情報を提供します。

Cookbook Examples
Illustrates larger examples of using Groovy in the Wild with a focus on applications or tasks rather than just showing off the features, APIs or modules.


クックブックサンプル
Groovyを利用した大規模な例を、APIやモジュールの機能ではなく、アプリケーションやタスクに焦点を当てて解説します。

Developer Guide
Contains information mainly of interest to the developers involved in creating Groovy and its supporting modules and tools.


開発者ガイド
主にGroovyのモジュールやツールの開発者に興味のある情報が含まれています。

Testing Guide
Contains information of relevance to those writing developer tests or systems and acceptance tests.


テスティングガイド
開発者が書くテスト、システムテスト、受け入れテストに関連する情報が含まれています。

Advanced Usage Guide
Covers topics which you don't need to worry about initially when using Groovy but may want to dive into to as you strive for Guru status.


高度な利用法ガイド
Groovy使いの達人になろうと努力し始めたときに心配する必要がないようなトピックをカバーします。

Modules [more]

モジュール [全表示]


Enjoy making your code groovier !!!!


グルービーなコードを楽しもう!!!

Latest news

最新ニュース

If you wish to stay up-to-date with our vibrant community, you can learn more about:


活気あるコミュニティーで最新の更新情報を確認したいなら、詳細を知ることができます。